カードローン審査

カードローンの選び方

カードローンの使用目的


現在位置:人気のカードローン>使用目的

金融機関からお金を融資してもらうという場合には、やはり何らかの目的があって借り入れをするものです。
家を建てる、リフォームする、マンションを購入するというのであれば住宅ローン、自動車を購入する場合には自動車ローン、子供の学費の為に使うお金の場合には学資ローンなどいろいろあります。
それぞれが、その目的で使用するためだけに融資を受けることができます。

そのため、住宅ローンは住宅を建てる・リフォームするという証明になるもの、自動車ローンの場合には自動車を購入または車検・整備などの証明が必要になります。
しかし、お金が必要になるというケースはそういった場合だけではありません。

急な冠婚葬祭で数万円必要となったり、一時的に金欠になったなどいろいろな場合が考えられます。
そういった場合には、当然住宅ローンや自動車ローンなどから融資を受けるという事は出来ないのです。

以前であれば、銀行での融資の審査も甘く、自動車を購入するための見積書だけを見せるだけで融資を受ける事も出来、実際は購入せずに他の用途に使うという事もできた時代があったそうです。

しかし近年は購入したという証明、または直接車代金の支払う業者に振り込むという形でしか借り入れができないのです。こういったいろいろな用途に使えるのがカードローンです。

カードローンの場合、生活費や冠婚葬祭、交際費、旅行の費用などいろいろな用途に使えます。
もし他に借り入れがあり、その支払いに回したいというのであれば、そちらの為に使う事も出来るのです。
極端な話、カードローンで借りて、実際には何も使わなくてもかまわないのです。

カードローンを申し込む際には、使用目的は記入しなければいけません。

使用目的を記入する場合に゛審査に良い印象を与える゛使用目的は何でしょうか?

使用目的によっては審査が通りにくくなる可能性も高くなります。
資金使途は自由とは言いながらも、やはりあまり好まれない使用目的もあります。

例えば、正直に「ギャンブルで負けた費用を返済するため」とか、「個人の貸し借りのお金の返済のため」というと、金融機関によっては『そんな目的なら、回収できなくなるのでは?』と思う可能性もあります。
そうすると当然審査は通らなくなる可能性もあるのです。

金融機関によっては、そんな使用目的でも審査が通るところもあるかと思いますが、出来るだけそういう使用目的を避けた方がいいでしょう。一般的に嫌われる使用目的は゛生活費゛だと言われています。

生活費と記入すると、審査の担当者も本当に生活が苦しそうとイメージしてしまいます。また、自動車を購入するためとか、子供の教育費のために使用するという場合には、何もカードローンでなくてもいいのですから、それらも避けた方が無難です。単純に、「地デジのテレビを購入する」とか「旅行に行く費用」という使用目的の方が審査をパスできる可能性があるのです。

 閲覧数の多い、人気のページはこちら
即日融資 お借入れ診断 おまとめローン


カードローン審査 アドバイザー [ご利用案内]

● 貸付条件は金融情勢により変更される場合があります。契約前に、再度ご確認してください。
サイトマップ|プライバシーポリシー、利用規約、免責事項、運営情報
 Copyright (C) カードローン審査 アドバイザー All rights reserved