カードローン審査

カードローンの選び方

カードローン申込み


現在位置:人気のカードローン>カードローン申込み

カードローンを申し込むには、まずはどこの金融機関のカードローンを作るのかを決めます。
大きく分けて消費者金融系カードローンと銀行のカードローンがありますが、大まかな違いというのは消費者金融系カードローンは審査が通りやすいが、金利が高い、銀行のカードローンは金利が比較的低いが、審査が厳しいというイメージがあります。
(保証会社に消費者金融が入っている場合、イメージほどは厳しくありません。)

もちろん、出来る事なら金利の低い銀行のカードローンを作りたいと思うのですが、もし審査が通らなかった場合には消費者金融系カードローンに申し込んでみるといいでしょう。

申し込みの方法というのは、各金融機関でちょっと異なりますが、多くのカード会社では、パソコンや携帯電話端末、最近ではスマートフォンからも簡単に申し込みをする事ができるようになっています。

その他には、昔からある郵送での申込書の取り寄せ、返送にての申し込み、電話での申し込みもできます。
銀行のカードローンは、直接銀行の窓口にて申し込む事も可能です。

近くにその銀行の本支店があり、パソコンや携帯電話の使い方がイマイチわからない、カードローンについて詳しく聞きながら契約をしたいという人は直接窓口に訪れて申し込みをするのが理想です。

ただ消費者金融の場合、スタッフがいる店舗というのは存在しない場合があります。
その場合には無人自動契約機などを自分で利用し、申し込みをする事ができます。

もちろん銀行のカードローンの場合でも自動契約機(テレビ窓口)を設置している所もあります。

自動契約機を使う場合、直接店舗にいかずに、ネットで審査を申込み、審査完了の通知がきたらテレビ窓口
でカードを受け取ると良いでしょう。

わざわざ店頭まで出向いて、契約機で申込む人は現在は少なくなっています。
ネットで申込み⇒審査完了通知⇒契約機(テレビ窓口)に免許証を持って行き、その場でカードを受け取れば、すぐに借り入れをする事ができます。

カードローンを持つ際に、一番重要なポイントというのが、審査が通るかどうかというところにあります。
いくらすぐに借りられるといっても、条件を満たしていなければ審査が通らず、一銭も借り入れをする事ができないのです。審査の際に重要なのが年収、職業、勤続年数、他の借入などです。

審査を通すために、これらの条件をごまかすという人もいます。
審査の際には、当然、運転免許証などの本人確認書類が必要となりますので、年齢をごまかすという時には運転免許証などの偽造をしない限りごまかせません。偽造すれば、カードローンうんぬんよりも犯罪となります。

また職業については見なければわからないだろうと思われがちですが、金融機関によってはしっかりその職場に在籍しているのかを電話で確認します。
また年収も、消費者金融や信販系カードローンは50万円以上、銀行であれば100万円以上を超える借入れをご希望の場合、給与明細などの収入証明書の提出が必要になります。
※自営業・個人事業主の場合は確定申告書の写しなども必要になります。

また、金融機関では個人信用情報機関に登録していますから、それで照会をかけられると、その人が
今どこにどれだけの借入額があるのかが分かります。他の借入金をごまかすことは不可能です。

もし、まともに記入して不可となった場合、ちょっと年収などをごまかせば審査が通る事は実際はあります。
しかし、実際の年収で審査が通らないという場合、その人は返済能力が不足しているとという事ですから、借り入れをしても返済できないという事になりかねません。
正直に審査を受け、NGとなれば他の借り入れ方法を考えるべきです。

なお、記入(入力)した年収があまりに多いと審査に落とされる場合があります。
これは収入証明の確認以前に”嘘つき”だと疑われているからです。
これは実際に聞いた話です。

申込みの際、年収が6,000万円と書かれていた事があるそうです。
もしかしたら入力ミスかも知れませんが、その方はすぐに審査で落とされました。
6,000万も年収のある人で実際にカードローンに申込むのか・・・怪しまれても仕方がないですね。

 閲覧数の多い、人気のページはこちら
即日融資 お借入れ診断 おまとめローン



カードローン審査 アドバイザー [ご利用案内]

● 貸付条件は金融情勢により変更される場合があります。契約前に、再度ご確認してください。
サイトマップ|プライバシーポリシー、利用規約、免責事項、運営情報
 Copyright (C) カードローン審査 アドバイザー All rights reserved