カードローン審査

カードローンの選び方

カードローンの審査に必要な書類


現在位置:人気のカードローン>審査に必要な書類

カードローンを申し込む際には、審査が必要です。そして審査が通れば契約をおこないます。
この一連の流れには、必要な書類があります。
ただ漠然と、銀行の窓口や自動契約機などに行って、カードローンを発行してお金を借りることはできません。他のローンよりも審査基準は低く、比較的に借りやすいカードローンといえども、必要書類がなければカードの発行ができるわけがありません。金融機関も奉仕で融資をするわけではないですから、結局はしっかりと返済してもらえるかどうかが重要になります。それを見極めるためにも、審査が必要となるわけです。

カードローン申込みの前に事前に用意しておくべき書類


カードローンの申し込み・審査の際に、まず絶対に必要なものというのは、本人確認書類が必要となります。
本人確認書類というのは、運転免許証や健康保険証、パスポートなどです。
銀行の窓口や一部の自動契約機の場合は、そのものを持って行くだけでOKです。

その他の場合には、これらのコピーを送付します。一般的には運転免許証だけでOKですが、金融機関によっては健康保険証だけでもOKという場合もあります。多くの人は運転免許証は持っているでしょうが、都会に住んでいて車が必要なく免許を取得していないというひともいますし、取り消し処分になった人もいます。
そういった場合には健康保険証だけという事になるでしょう。

しかし健康保険証だけだと審査がスムーズに進みません。健康保険証だけでカードが即発行出来てしまうと、万が一財布を落として、中に健康保険証が入っていれば使われてしまう事もあるからです。

もし免許証やパスポートが無いという人は、住民票や印鑑証明書など住所を証明する証明書があれば審査が通る場合もあります。もっとも審査が通りやすい組み合わせと言われているのが、運転免許証だけでなく、それに健康保険証をプラスすると信頼度が上がり、ギリギリの審査条件の場合はそれでOKとなることもある様です。実際に大手消費者金融では昔は健康保険証で審査の切り分けをしていました。
(健康保険証の種類で公務員、会社員、自営業などの判別ができるからです。)

さて、住所を証明するものがあるといいかというと、万が一返済が滞ってしまった時に、住所がしっかりしていれば請求出来るからです。ただ、これらの書類があってもカードローンの審査が通らない場合もあります。

それは希望融資額が高額になる場合です。
お借入れ希望が100万円を超える場合、上記の書類だけでは審査は通りません。
収入証明の提出が必須です。法律の問題もありますが、高額融資となると返済能力があるかどうかも重要になります。

例えば500万円の希望融資額を返済能力が無いのにOKを出したとします。
身分証明や住所は分かっていても、返済できず自己破産してしまえば金融機関側が大きな損害を出してしまいます。そうならないためにも、身分証明だけでなく、収入証明が必要になるのです。

その証明書類としては給与明細書、源泉徴収票、所得証明書、確定申告書などが必要になります。
これを見て、返済能力ありとなった場合にのみ審査が通るというわけです。
もしカードローンの審査をしてもらう場合には、こういった必要書類は事前に準備しておくといいでしょう。

 閲覧数の多い、人気のページはこちら
即日融資 お借入れ診断 おまとめローン


カードローン審査 アドバイザー [ご利用案内]

● 貸付条件は金融情勢により変更される場合があります。契約前に、再度ご確認してください。
サイトマップ|プライバシーポリシー、利用規約、免責事項、運営情報
 Copyright (C) カードローン審査 アドバイザー All rights reserved