カードローン審査

カードローンの選び方

消費者金融系カードローンの特徴


現在位置:人気のカードローン>消費者金融系カードローンの特徴

カードローンには大きく分けて消費者金融系カードローンと銀行系カードローンがあります。
同じカードローンでも特徴が違います。

消費者金融系と聞くと、すぐに法外な金利を請求され、怖いお兄さんが出てきて、嫌がらせをされるというイメージがある人もいるようです。 ですが、そういうものは、サラ金やヤミ金などと呼ばれる類の金融機関となります。実際には消費者金融と呼ばれる金融機関は預金などのシステムが無く、単にお金を融資するだけという営業形態の会社となります。そのため、運営費というのは全て融資をした際の金利でまかなっています。

消費者金融系カードローンのメリットして、審査が厳しくないというところがあります。同じ条件でカードローンの申し込みをした場合、銀行系カードローンでは審査が通らないような条件の人でも、消費者金融の場合には審査が通るということがあります。

また、審査が早く、急な出費の際には特に役に立ちます。
銀行系カードローンの場合も早く融資できるところもありますが、消費者金融系カードローンの場合には、最速で30分程度で申し込み・審査・契約・カード発行・融資まで終わる事もあります。
もちろん、パソコンや携帯電話などからも申し込みをする事も出来ますし、ホームページから申込書を郵送してもらったり、電話で申し込みをする事も出来ます。

消費者金融系カードローンの場合の欠点としては、やはり金利が高いというところがあります。
平均して4.7%〜18.0%となっていますが、実際初めて消費者金融系カードローンから融資を受けるという場合には、基本的には50万円までとなっています。

そのため、その場合はほぼ一番高い金利であると思った方がいいですので、18.0%というのが一般的でしょう。 例えば10万円借り入れしたとすると、1年間で1万8,000円ですから、1ヶ月当たり1,500円ほどになります。
ですが、カードローン会社によっては、30日間までなら無利息というサービスを行っているところもあるのです。

これは、初回の借り入れから30日以内に全額返済すれば、利息は全く発生しないというサービスになります。 もし、ちょっとの期間だけ借りたい、1ヶ月以内には返すメドがたっているという人は、30日間までなら無利息をおこなっているカードローン・キャッシングを利用するといいでしょう。

もう一つの欠点として、審査が通りやすいといわれる消費者金融系カードローンですが、審査が通らない条件というのがあります。貸金業法で定められている総量規制です。

これは、収入の3分の1を超える借り入れはできないというものです。たとえば、300万円の収入の人は、100万円までしか融資をうけることができないというものです。これは、銀行法の銀行カードローンにはない制限となります。⇒ 総量規制対象外の銀行カードローンはこちら

たとえ、融資されていなくてもクレジットカードのキャッシング枠が設定されていれば
それも融資とみなされますから、その総額によって審査が通らないということがあるのです。

 閲覧数の多い、人気のページはこちら
即日融資 お借入れ診断 おまとめローン


カードローン審査 アドバイザー [ご利用案内]

● 貸付条件は金融情勢により変更される場合があります。契約前に、再度ご確認してください。
サイトマップ|プライバシーポリシー、利用規約、免責事項、運営情報
 Copyright (C) カードローン審査 アドバイザー All rights reserved